就職活動のタイミングを考える

フリーターの中には、いつまでもフリーターではいけないと思っている人もいるでしょう。

 

いずれは正社員として、安定した収入を稼ぎたいと思っている人もいるはずです。

 

もしそのように考えているのであれば、就職活動をしましょう。

 

就職活動をするにあたって、ひとつ覚えておきたいことがあります。

 

それ就職活動するタイミングです。

 

年間通じて求人情報の数は、上下動しています。

 

 

求人情報が多く出ているときに就職活動をした方が、より採用される可能性もアップします。

 

     求人情報が少ないときには、アルバイトで仕事をして就職活動を本格的に行うときのための資金稼ぎをしておくという方法もあります。

 

 

では求人の数が多くなる時期として、具体的にいつがあるのでしょうか?

 

まず春先は求人情報が多くなります

 

年度初めという時期に多くの人材を採用して、さらなる会社の飛躍を狙う傾向があります。

 

また春先は異動も頻繁に行われます。

 

その結果、人員不足に陥る部署なども出てくるので、求人情報が活発に出ます。

 

また人事異動が激しさを増すという意味では、秋口の9〜10月にかけても求人情報が多く出る傾向があるので狙い目です。

 

特にその中でも、3月と10月は年間通じて最も多く求人情報が出るといわれています。

 

多少の増減はあるかもしれませんが、求人情報が少ない時期と比較して、3割増くらいの情報が出てくるといいます。

 

就職活動をするにあたって、会社の情報収集やどこに応募をすべきかの情報収集をする必要があります。

入社予定時期から2・3か月前から求職活動をスタートしよう

この時間も考えて、いつスタートするかを検討しましょう。

 

事前の準備期間として2か月程度は確保しておきたいところです。

 

そこで3月の求人に応募するためには、年が明けたあたりから本格的に動き出すようにしましょう。

 

4月入社に合わせて未経験者の中途採用を行う会社も多いです。

 

就職活動のスケジュールとしては、入社予定時期から大体2,3ヶ月くらい前に求職活動をスタートすると良いでしょう。

 

ということでやはり年明けからのスタートがちょうど良いと思います。

 

求人サイトで情報を調べていると、色々な職種、業界からの求人を見つけられると思います。

 

仕事に就くにあたって希望もあると思います。

 

正社員、派遣、契約社員など雇用形態も様々です。

 

経理事務に強い派遣会社などを利用しても良いでしょう。

 

興味のあるものを絞り込んでも良いのですが、未経験という事を考えると、あまり最初から絞り込みすぎのは避けた方が良いかもしれません。

 

後でよく検討するために、色々とクリップしておくと良いでしょう。

 

営業職はやはり未経験者を歓迎する求人が多いですね。

 

住宅営業、保険営業、医療業界の営業職も多く採用に関しての情報を見ることがあると思います。

 

医療機器 中途採用

 

色々な可能性を考えて、就職活動を進めることをおすすめします。

 

そう考えると1ヶ月では就職活動期間としては短いですね。

 

スムーズに様々な事が進むのであれば、間に合うかと思いますが現実的には1ヶ月で就職先を見つけられる人というのは少ないと思います。